保管方法や付属品の有無を確認する

適切な保管で変わる査定価格

高くブランド品を売るためには、普段から適切な保管を心掛けることが欠かせません。いざ売却をする際に、状態が悪いとマイナス査定になってしまいますので、いかに良いコンディションを保てるかが肝心です。保管のポイントの一つは型崩れをさせないことで、例えばバッグを適当に放っておくのではなく、詰め物をするなどして形をキープするようにしましょう。一度型崩れが起こるとクセを直すのが大変ですので注意が必要です。湿気対策も万全に行っておきたいところです。洋服やバッグなどは湿気によってカビが生じてしまう可能性があります。特に使用した後は湿気を帯びている可能性があるため、十分に陰干しをするなどしてから片付けた方が良いでしょう。

あると価値が上がりやすい付属品は

ブランド買取時には付属品によって価値が上がることがあります。特に大切なのが、ギャランティーカードやショップカードといった、正規品の証明になる付属品です。本物と証明ができる物があると、査定価格にいくらかのプラスが付くことに期待できます。なくても売れるものの、場合によっては査定価格が少し下がることも考えられるでしょう。収納箱や袋なども、あった方が高く売れやすいです。高級ブランドの空箱や袋などは、それだけで売買がされていることもあるほどで、保管しているようならセットにして査定に出すことが望ましいです。なお、付属品に関しても丁寧な保管を心掛けましょう。実用には不要な存在ゆえに適当に放置されることもありますが、キレイな状態なら評価対象となるはずです。